生米パン、おすすめです!うまく作るコツ

レシピ

生米パンの倍量レシピ☆生米パンがうまく出来ないときは?うまく作るためのコツ。

我が家ではよく生米パンを食べます。

子供がパン好きなのでよくパンを食べたいというのですが、小麦はできるだけ減らしたいし、、、ということで生米パンにたどり着きました。

米粉パンとの違いは米粉からパンをつくるのではなく、家にあるお米からパンを作れるというところです。

オーガニックの小麦は比較的入手しやすくても、なかなかオーガニックの米粉は手に入らないですよね。それに多分値段もすごく高いのではと思います。我が家ではお米はこだわってオーガニックにしているので、オーガニックの米粉パンをつくれる!というのが一番うれしかったです。

生米からパンをつくれるホームベーカリーもありますが、小麦グルテンなどを使用するらしいので我が家では購入しませんでした。

私が作っている生米パンのレシピはリト史織さんのレシピです。(リト史織さんありがとうございます!)

世界初! 生のお米からパンをつくる 「生米パン」レシピ連載スタート | 本がすき。
生のお米からつくる「生米パン」を開発したリト史織さんの連載がスタートします。米粉を

こちらでレシピや動画を詳しくご覧いただけます。

我が家ではこのレシピの量では少ないので、少しアレンジして倍量で作っています。

いろいろ試行錯誤してたどり着いたレシピはこちら。

生米パン倍量レシピ

材料

米230g(浸水後300 g)

ココナッツオイル 20g

はちみつ 小さじ2 (メープルシロップでもお砂糖でもOK)

塩 3g

ドライイースト 小さじ1

約50度のお湯 150g

です。オイルはオリーブオイルや菜種油などでも大丈夫です。私もいろいろと試してみたのですが、私はココナッツオイルが一番美味しかったのでこれに落ち着きました。ココナッツオイルは香りのしないものを選ぶとどんな食事にも合いますのでおすすめです。

ちなみに私が使っているココナッツオイルはこちらです。


作るときの注意点

さて、作り方です。リトさんの動画を見るとなんだか簡単そうに思えるのですが、実際に作ってみると、なかなかうまく行かず、相当数失敗しました。私が下手だっただけかもしれませんが^^;

食べられないわけではないのですが、写真のようにふっくらきめ細かく仕上がらないのです。ぽろぽろしたり、逆にべちゃっとしすぎたり。また焼き上がった時に中央が凹んでいびつな形になってしまったりしました。

原因は第一にミキサー

これはやはり高速&パワフルなミキサーがおすすめです。普通のミキサーでやってみたのですが、やっぱり粒が残ってしまってきめ細かく仕上がりませんでした。高速ミキサーに買い替えてからはとてもきめ細かく仕上がるようになりました。

うまく焼き上がらない原因の2つ目は発酵時間。

発酵時に長時間発酵させてしまうとうまく仕上がりません。発酵が少なすぎてもだめです。

入れる糖質や使うドライイースト。その時気温などによって発酵時間はかわります。それを見極めるのに何度か失敗しました。

生米パンはちょうどよい感じに膨らんだ時にすぐに焼きに入れるようにしておくことがコツです。膨らんだからオーブンを温めなきゃ!なんてやっているとオーブンを温めている間に過発酵してしまいますのでご注意くださいね。

3つ目のコツは焼き上げる時、最初の15分ぐらいは蓋をして焼くことです。

蓋をして焼くと真ん中が凹まずに綺麗な形に焼き上がるようになりました。

それでは我が家流の生米パンの作り方です。

作り方

それでは実際に作ってみましょう。

まずは下準備ですが、お米を2時間ぐらい水で戻した後、ザルに上げてお米の水気を切っておきます。我が家では白米ではなく分つき米を使用しています。

次にパンの焼き型の準備をしておきます。パンの焼き型にクッキングシートを敷いておきます。

私は繰り返し使えるクッキングシートを使っています。焼き型に合わせてシートをカットしてあるのでとても便利です(^^)

生地の発酵が丁度いい時にすぐにオーブンで焼けるように、オーブンの発酵機能を使わない方は、この時点でオーブンを余熱しておくといいでしょう。予熱に時間がかかるものは早めに予熱しておいたほうがベターです。

生米パンの材料を測って全部ミキサーに入れて撹拌します。私はミキサーをスケールにのせて材料を測りながら材料を投入していきます。

全部入れたらミキサーでクリーム状になるまで撹拌します。生クリームの7分たてぐらいにとろっとしたらOKです。

撹拌したものを焼き型に流し込みます。

上の写真が未発酵の状態です。これが倍ぐらいにふくらんだら発酵完了です。

発酵は40度ぐらいで約15分~30分程度です。室内で発酵させるときは大きめのタッパーに型と熱湯を注いだコップを入れて発酵させます。

私はそれが面倒なのと型が入る大きなタッパーがないので、オーブンの発酵機能(40度)を使って発酵させています。温度も管理しやすいですし。

ですがオーブンで発酵しているときはオーブンを予熱できませんよね。オーブンが2つあれば別ですが。

ですから私はオーブンの発酵機能で12分ほど発酵した後(だいたい生地が1.5倍ぐらいになっています)取り出してオーブンを予熱しているあいだにオーブン上で残りの発酵をさせます。

我が家のオーブンの場合、180度に予熱されるのが約10分ほど。それで、オーブンの予熱が完了したときにちょうどいい具合に発酵しているのでそのまま焼き上げます。

ですが、これはご家庭のオーブンによって異なると思うので、はじめて焼く時はオーブンの予熱時間にご注意ください。。発酵時間やオーブンの予熱時間が把握できれば、過発酵させてしまうことはありません。

生地が倍ぐらいに膨らみました。この時点でオーブンの予熱がちょうど完了。早速焼き上げていきます。

表面を霧吹きで濡らし、(多分表面を綺麗に焼き上げるためだと思います)蓋をして180度の温度で約15分焼きます。

蓋がない時はアルミホイルで蓋を作ってあげれば大丈夫です。

その後、蓋をとってさらに15分焼いていきます。

いい感じに焼き上がりました。

きめ細かくふっくらと仕上がりました!

初めて作るときは大変そうだな、と思うかもしれませんが、こねる必要もないし、慣れればお米を戻す時間や焼く時間別にすれば、作業時間は10分程度で済みます。このお手軽感が良くて我が家ではよく米粉パンを焼きます。

ココナッツオイルを入れた米粉パンはほんのり甘くて、ふんわりとしてとっても美味しいです。しかもヘルシー(*˘︶˘*).。.:*♡

ぜひ休日などにチャレンジしてみてくださいね!

追記

我が家ではハイパワーミキサーはダネッツを愛用しています。

ちょっとお高いですが、家族の健康のため!と言い訳してポチりました(笑)とても使い勝手がいいので気に入っています。ハイパワーできめ細かな生地ができるので、生米パンも上手にできるようになりました(^^)


せっかくですからお米にもこだわってみませんか?

私が長年愛用しているのがこちらのお米屋さん。私はこちらでオーガニックの玄米を購入しています。真空パックにしてくれるのが嬉しいです(^^)

コメント

  1. こと より:

    はじめまして!お米から作るパン、私もチャレンジしているところです。
    ココナッツオイルだと材料を混ぜるときに白く固まってしまうのですが、あまり気にせず攪拌されてますか?なんだかザラッと残る感じだったのですが…
    こちらのブログのように美味しい生米からのパンが作れるようになりたいです♪

    • heartbeingheartbeing より:

      こんばんは!はじめまして(^^)
      ココナッツオイルですが、私は固まっていてもそのままミキサーで撹拌してしまいます(^^)
      材料をあわせる時に、約50度のお湯をいれることと、高速ミキサーで撹拌することで、私の場合はココナッツオイルの溶け残りは気になったことがないです(^^)
      ただ、室温が低いときや、ココナッツオイルが固くなりすぎている場合は、もしかしたら溶け残ってしまうかもしれませんので、少し湯煎にかけたり、レンチンして溶かしてお使いになるのもいいかもしれませんね(^^)
      美味しい生米パンがつくれるますように☆
      この度はコメントをありがとうございました(*˘︶˘*).。.:*♡

      • こと より:

        ご返信ありがとうございます!
        高速ミキサーが欲しい・・!(笑)確かにお湯を入れていればオイルが固くなることもないですね!なるほど♪
        ココナッツオイツを入れるとほんのり甘くて美味しかったので、色々と試行錯誤しながら美味しい生米パンを作れるように頑張ります^^

タイトルとURLをコピーしました