「癒やしの刺繍」花かんむりの子犬(無料図案有り)

刺繍

今日は刺繍の初心者の方にでも刺繍しやすい、「花かんむりの子犬」の刺繍をご紹介いたします(^^)

ステッチは全部で5種類。

アウトラインステッチ、サテンステッチ、ストレートステッチ、レゼーデージーステッチステッチ、フレンチノットステッチの4種類です。

一時間ぐらいでできてしまう簡単な刺繍です。お手持ちのハンカチやキッチンクロスなどにおすすめの刺繍です。

では始めてみましょう(^^)

用意するもの

  • 刺繍枠(使う方)
  • 刺繍針
  • 接着芯
  • チャコペン(水で消えるタイプなどがおすすめ。百均でも売っています)
  • チャコペーパーとトレーシングペーパー(図案を写す方)
  • 刺繍生地(綿やリネンがおすすめです)
  • 刺繍糸 例:コスモ 25番糸369番、DMC 25番糸818など。お好きなカラーでOKです)

無料刺繍図案

 https://heartbeingblog.com/wp-content/uploads/2022/07/e67af16926ce6386103c647c83fe0ac3.pdf

※こちらの無料図案は個人的に楽しむためにだけお使いくださいm(_ _)m

まずは布に接着芯を貼って補強し、刺繍図案を写します。上の図が刺繍図案になりますが、簡単な図案ですので、図案を写すのが面倒でしたら、直接布にフリーハンドで書いていただいてもかまいません。

私はいつも図のように水で消えるタイプのチャコペンで直接書いてしまいます。

それでは刺繍をしていきましょう。まずはわんちゃんのボディーラインをアウトラインステッチで刺繍していきます。

私が使った刺繍糸は、コスモ25番糸の369を2本どりです。

アウトラインステッチをご存知の方は普通にアウトラインステッチをしていただいても構いません。

私は正式なアウトラインステッチではなく、バックスステッチのようなアウトラインステッチをよく刺繍します。アウトラインステッチよりも初心者の方には簡単なのではないかと思います。

まずは写真のようにひとつストレートステッチをします。そしてバックステッチの容量でその下5から7ミリぐらいのところから針を出します。

そして、前に挿したステッチの真ん中下辺りに斜めから差し込む形で2針目を刺します。

この容量でワンちゃんのボディラインを刺繍していきます。

ボディラインができました。お花の部分は少し空けておくといいでしょう。

次にお顔を作っていきます。

目の部分とお鼻はサテンステッチです。

動物刺繍はお顔の表情が命です。ミリ以下の世界でお顔の表情が随分と変わっていきます。図案をそのまま刺繍しても、きっと毎回それぞれ個性のあるお顔ができるかと思います。

あまり神経質にならずに、個性ある仕上がりを楽しんでみましょう(^^)

目と鼻をサテンステッチで刺繍しました。

お口はアウトラインステッチ、ほっぺはDMC818を2本どりで、ストレートステッチで刺繍をしています。

次に花かんむりのお花を刺繍していきましょう。ぜひお好きなカラーで刺繍してみてくださいね。

参考までに、私が使用したのは、右から25番糸で、DMC3854,オリムパス541,コスモ141,コスモ143です。

すべて6本どりでストレートステッチで刺繍しています。

写真のように、外側から中心にむかってストレートステッチで花びらを刺繍していきます。

葉っぱはレゼーデージーステッチで刺繍します。バランスをみてお好きなところに刺繍してみてくださいね。

私が使用したのは、DMC15番を4本どりです。

最後にお花の真ん中にフレンチノットを刺します。私はオリムパスの540を6本どり一回まきで刺繍しました。

刺繍はこれで完成になります(^^)

いかがでしたか?

とても簡単にできる刺繍ですので、ぜひ刺繍してみてくださいね!

私は巾着袋に仕立てました(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました